FLAG vs BLACK FLAG?! 再結成騒動


(画像は拾い物です)

少し前の話題ですが、BLACK FLAGの再結成が、一部でとてもホットな話題になりました。
せっかくなので、以下に簡単にまとめてみました。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
2013年1月12日
Punk Rock Bowling(US)へのFLAGの出演が発表される。

2013年1月25日
Hevy Fest(UK)へのBlack Flagの出演が発表される。

2012年2月7日
FLAGへのDez Cadenaの加入が発表される。
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
[Punk Rock Bowlingに出演するFLAGのメンバー]
Keith Morris(ボーカル)
・BF初代ボーカル

Chuck Dukowski(ベース)
・BF4代目ベース
・脱退後もバンドのマネージャーを担当
・リーダーのグレッグに次ぐ、最も長期に渡って在籍

Bill Stevenson(ドラム)
・BF4代目ドラム
・正式加入前にもUKツアーでヘルプドラマーを担当
・当時DESCENDENTSが休止中だったため、加入した

Stephen Egerton(ギター)
・BFとは直接関係は無いが、BillとはDescendents/ALLでツーカーすぎる仲

Dez Cadena(ギター?)
・3代目ボーカル
・ロリンズにボーカルを引き継いだ後は、サイドギターに転向
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
[Hevy Festに出演するBlack Flagのメンバー]
Greg Ginn(ギター)
・Black Flagのリーダー
・SST Recordsのオーナー
・Black Flagというロック史上欠かすことの出来ない大きなムーブメントの立役者

Ron Reyes(ボーカル)
・2代目ボーカル
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 

この2バンドの出演に対する、僕の率直な感想は、
「どちらもやるべきではない。
でもどうせやるなら一応見たい。
実はFLAGの方が断然見たい。」
です(笑)。

まず、「FLAG」。
2011年のGolden Voice 30周年ライブで、
デズ抜きの4人でBFの楽曲をプレイしています
この時はシークレットで、1日限りのお祭り騒ぎって感じですが、
今回のように事前に堂々と発表してやるというのには、
僕は少し引いちゃいます。
たぶん、キースの鶴の一声で動いているプロジェクトだと思うのですが
(これは完全に予想です)、
キースは現在進行形で最高にかっこいいバンド
OFF!」をやっているのだから、OFF!だけやっていたほうがカッコいいのに。
今回のFLAGが話題になれば、OFF!のCDも売れるからやるのかな、
などと勘繰ってしまいます。
でも、デズの加入には、正直かなり心惹かれました。
独特の存在感を放っていてカッコイイんです!デズ!
彼がサイドギターを担当して、5人編成でやっていた時代も最高です。
(ちなみに、デズ自身は、BLACK FLAGの歴史の中で
最も好きなシンガーはキースだと述べています。)
ビルとステファンに関しては、僕はDESCENDENTS/ALLが大好きなので、
FLAGよりも本業を!と思ってしまいます。

で、グレッグのやる「BLACK FLAG」。
こっちは、BFを押し進めてきた張本人のグレッグがやることなので、
好きにやらせてあげてもいいのではないかと思いがちですが、
僕としては、やるべきでは無いと思ってしまいます。

超簡単に言うと、BLACK FLAGは、
「自らの音楽を追求しすぎて、こじらせて燃え尽きたバンド」です。
中・後期は、自分たちがシーンを盛り上げた、
いわゆる「ハードコア」のサウンドさえも否定し
(終いにはハスカードゥやマイナースレットさえも否定したらしい!)、
長いインストナンバーで旧来のファンを置いてけぼりにしたグレッグが、
今になって、初期のファストなハードコアナンバーを演奏するとしたら、
かなり興冷めします。
実際、2012年のコーチェラ・フェスティバルでは、
後期BFのこじらせっぷりを更に進めたようなプレイをしているので、
これには納得、グレッグいいね!と思うのですが、、。
僕は、BFの歴史の丸ごと全てに対して、憧れを抱いているので、
その歴史を巻き戻したり、過去の一部分だけをつまんで見せたりしないで欲しいのです。
しかも、Hevy FestはUKでのショウです。
BFは当時、UKでの最初のツアーで苦い経験をしているので、
なんだか皮肉だな、とか思っちゃったりもします。

以上、知ったかぶったようなことを書いてしまいましたが、
情報は、ほとんどすべて、本『アメリカン・ハードコア』からの受け売りです(笑)。
きちんと好きになったのは、ここ数年ですので、
間違ったことを書いてしまっていないか、とか
BLACK FLAGフリークの先輩方に怒られるんじゃないか、などと
若干ヒヤヒヤしていますが、
今回の再結成騒動に対して、突っ込んで述べている文章はあまり見当たらないので、
僕なりの意見を書いてみました。

ちなみに僕は、
ex)BREAKfAST、Ohayo Mountain Roadの酒井さんが
今までのいくつかのトークライブなどで語っていたBlack Flagへの愛を聞いて、
それに影響されて、興味を持つようになりました。
みなさんも、Black Flagの初期だけ聞くのでは勿体無いです!
アメリカン・ハードコアの76ページから125ページを読み、
上のメンバー変遷年表を眺めながら、Youtubeで「Black Flag 19xx」など
検索すると、最高に楽しいですよ。オススメです!

関連する記事








selected entries

categories

archives

search