2020年4月3日金曜日

deep.gnome Tee

Nebraska Teeに続く、
10周年スペシャルTシャツの第2弾をご紹介します。

10th Anniversary Special Item 2/3

deep.gnome x CUP AND CONE










カナダ・バンクーバー在住のアーティスト/デザイナー、
deep.gnomeことTylor Macmillanにデザインを依頼しました。

https://www.tylormacmillan.com/
https://www.instagram.com/deep.gnome/

自身のブランド、「News.ca」を主宰するかたわら、



https://newsprint.bigcartel.com/

バンクーバーの音楽レーベル「Pacific Rhythm」で、



https://pacificrhythm.org/

近年のアートワークやフライヤーデザインなどほとんどすべて?を担当している彼。

言葉での形容が難しいダンスミュージックにおいて、
Pacific RhythmやMood Hutなどバンクーバーのサウンドは、
確実に他と何かが違うスタイルやムードを感じさせてくれます。



リラックスしていて、でもドライで、どこか謎めいていて、そして温かい。



そんなサウンドと同時に、視覚から脳裏に焼き付く彼のアートワークが、
彼らのサウンドの印象をより一層強いものにしているのは間違いなく、
もはやそのアートワークが、
サウンドの一部として重要な役割を担っているとさえ思えます。



↑僕が「バンクーバーだな〜!」と特に強く思う音源です。
合計約1時間、ぜひ聴いてみて下さい。
たぶん、このアートワークも彼の。

「この、バンクーバーの、この感じ、俺も出したい……!!」
服屋が何を言ってるのかと思われるでしょうが(笑)、
このムード、この空気感、とにかく憧れます。

そんなこんなで、彼にデザインを依頼しました。

で、返ってきたのがこのグラフィックです。



……ぜんっぜん意味分かんない!最高!

おそらく街灯かと思います。が、理由は全然わかりません(笑)。
でも、この感じが、まさに欲しかったのです。



うしろ、どうですか。

でっかいグルグルと、散りばめられた謎のアイコン。
まさに!、です。

自分では照れくさくてあまり使わない「TOKYO」の文字。
それから、あまり得意ではない色の赤。
彼がつくってくれたグラフィックなら、なんの違和感もなく着たいと思えます。

上のアッシュ+赤プリントに加えて、





ホワイト+青プリントは僕からの提案です。
彼も気に入ってくれました。









deep.gnome Tee
Color : Ash, White
Size : M, L, XL, XXL
Price : 4500yen+tax

4/5(日) 19:00より、WEB STOREで販売します。

https://store.cupandcone.jp/

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、実店舗の営業はお休みです。

思い切って彼に頼んでみて本当によかった。
そう思えるカンペキなものができました。
みなさまも、ぜひ。

WEB STOREでご注文をお待ちしております。

2020年3月27日金曜日

Cotton Ripstop Track Pants

新作のご紹介です。



コットン100%のリップストップ素材をつかった、
新型のパンツです。



ひと月のうちに2型の新作パンツを出すとは、我ながらなかなかですね。

このパンツ、最大の特徴は、



ゴムが入った裾です。

これにより、



裾が、



キュッ。

タンにボリュームがあるランニングシューズなどと相性ぴったり。
僕はニューバランスと合わせたくてこのパンツをつくりました。
パンツの裾からタン出すの?入れるの?どっち?問題をクリア。



このテの裾にゴムが入ったパンツって、
ナイロン素材やスウェット素材だと当たり前にありふれていますね。
上の写真のやつ、私物です。
こういうシャカパンももちろん大好きで、何本も持ってます。

でも、運動するわけでもないし、
もっとデイリーに使える普通のコットン素材であってもいいんじゃない?
という気持ちで、これをつくりました。
(当店の夏の定番のショートパンツと同じアプローチですね。)

ということで、



ジップとボタンで前開き。
ウエストはゴムとドローコードで調節可能です。



バックは両側にポケットを。

今回はパッチポケットにしてみました。
見た目のアクセントになるし、
畳んで置いた時に、当店の他のパンツと見分けがつくように、
という狙いもあります(笑)。
ポケットは両サイド両バックの計4ヶ所です。いつも通り。

で、端にはピスネームをつけました。
外見でブランド名がわかるのはこの部分だけです。

穿いてみました。



見やすいようにTシャツをインしてます。



ウエスト、ヒップ、もも周りなどは、
今までに販売しているSuper Taperedナントカと同じサイズです。
アレをベースに、
股下長を5cm長くし、裾幅も少し広くしてテーパード具合を緩くした上で、
ゴムを仕込みました。



スポーツウェアメーカーのトラックパンツにありがちな、
ヒップが小さい&ワタリが細い&その割に裾太い&裾長すぎで溜まりすぎ etc.を解消し、
胴長短足な我々にハマる形になってます。



いい。(自画自賛)



いつものようにTシャツを出すと。



うむ。



完璧ですね。



ストレッチなしのコットン100%ですが、
ゆとりのあるフィットですので動きやすいです。

サイズは、1/2/3の3サイズをご用意しました。

上の写真で僕(168cm/最近すごい太ったから体重は非公開)が穿いているのは、
サイズ1。TシャツはLです。



以前から定番的に販売している、Super Taperedナントカの、
Regularが1、Bigが3に対応。
あいだのサイズとして2をつくりました。



だいたいの目安として、
TシャツのLサイズを着る人・・・サイズ1
XL・・・サイズ2
XXL・・・サイズ3
がおすすめです。

TシャツはLを着る僕が、敢えてサイズ2も穿いてみました。



ズドン、と、



だいぶバギーなフィットになり、
これはこれで好きな人もいますよね。
ヒップが余り過ぎちゃう感じは気になりますが、ま、これはこれで。
TシャツはMサイズを着る人が、このパンツのサイズ1を穿くと、
上記の雰囲気に近いと思います。

なにしろウエストも裾もゴムなので、穿けば穿けちゃいます。
複数サイズを穿き分けるのも楽しいですね。

カラーは、



ブラック



ネイビー



グレーの3色をご用意しました。

Cotton Ripstop Track Pants
Color : Black, Navy, Grey
Size : 1, 2, 3
Price : 11500yen+tax

で、すごく悩んだのですが、
このパンツはWEB STOREで先行販売します。

https://store.cupandcone.jp/

3/29(日) 19:00より販売します。



実店舗はコロナウィルスのアレでお休みです。
知らないフリしてシレッと開けてようかな、なんて思ってましたが、
109も休みと聞いてさすがに休むことにしました。心がギャルなので。
店頭は休みでも、WEB STORE分の発送作業は
発売翌日の月曜にがんばりますのでご安心下さい。

実際に試着してサイズを選んでいただきたい気持ちは山々ですが、
こういう状況なので何卒ご理解いただけますと幸いです。
先々週に発売したC Fit Chinoが店頭限定というストイックなスタイルなので、
それの反動としてこんなパターンも楽しんでいただければです。

それでは日曜の19時、
WEB STOREでお待ちしています。

https://store.cupandcone.jp/

2020年3月21日土曜日

POPEYE 4月号



現在書店に並んでいるPOPEYE4月号に、
当店のアイテムを掲載していただいております。

Canvas Zip Jacket - Natural
https://store.cupandcone.jp/?pid=148901040

Canvas Zip Jacket - Black
完売しました。

編集Tさん、いつもありがとうございます!

2020年3月19日木曜日

Nebraska Tee

この3月でCUP AND CONEはなんと10周年を迎えました。
雑司が谷の実店舗はオープンから7周年です。
時を経すぎて笑えますね。

これもひとえにいつもサポートしてくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

シルクスクリーンの手刷りでTシャツをつくるブランド?として
始まったCUP AND CONEですが、
現在、いろいろな思いが錯綜して、
自分でデザインするグラフィックのTシャツに
あまり価値を見いだせない状態です。
……と書くと、あまりにも後ろ向きですね(笑)。

今は、先週発売したパンツとか、他に熱中することがあるから、
グラフィックTシャツに関しては他所に任せておこう、という感じでしょうか。
ま、このへんは話すと長くなるので、会ったときにでも聞いて下さい。

で、今までなんとなく恒例でリリースしていた、周年Tシャツ。
先述の通り、今は自分でTシャツをデザインするのは気が乗らないので、
今回は思い切って、尊敬する人にデザインを依頼することにしてみました。
しかも3人に!

今日ご紹介するのは、その3人のデザインで登場するTシャツのうちの、
第1弾です。

10th Anniversary Special Item 1/3

NEBRASKA x CUP AND CONE









イギリスのDJ/プロデューサーのNebraska氏にデザインを依頼しました。



↑この人です。

僕がNebraska氏を知ったのは、MISTER SATURDAY NIGHTのMIX CD、
"WEEKENDS AND BEGINNINGS"に収録されていた"Green Marimba"から。



言葉で形容するのがなんとも難しい、激かっこいい曲ですね。
MISTER SATURDAY NIGHTからリリースされている氏の楽曲は他もどれも素晴らしく、
自然と他のレーベルでも、その名前を追って見るようになりました。

Heistからリリースされたコレなんかも大好きです。



同じHeistから今月リリースされたばかりの新作もぜひチェックを。



ATCQにオマージュを捧げたこのレコードも最高。
デジタル無し、レコード限定です。僕は持ってます(笑)。

音楽家としての活躍は枚挙に暇がないのでこのへんで止めておきますが、
本業?はクリエイティブディレクターだそうで、
かつてはバーバリー(あのバーバリー!笑)も手掛けているそうです。


どうやらタイポグラフィーオタクみたい。

Instagram上でひょんなことから彼との交流が生まれ、
彼が「いつかTシャツをデザインさせてほしい」なんて言うもんだから、
真に受けてこのタイミングでオファーしてみた、という流れです。

さて、今回のTシャツに戻りましょう。



左胸には、彼自身のプライベートレーベル、
"FRIENDS & RELATIONS"からリリースされているレコードのラベルと同じデザインで、
CUP&CONEと表記してくれました。嬉しい!

ラベルの色は、シリーズ中でも僕が一番好きな、
005番と同じ色にしてもらいました。



"The Vocoder"、最高。



で、背中には、



「イギリスナンバーワンディスコヒッツ」の文字が、フランス語で。
イギリスなのに、フランス語。
氏がディグって見つけたという、古いレコードに貼ってあった販促POPのシールを、
そのまま拡大したデザインです。

氏曰く、
「古いレコードの音をサンプリングして新しい音楽をつくるように、
Tシャツのデザインも古いレコードからのサンプリングでつくりたい」
とのこと。粋ですね!

Tシャツのカラーは白と黒の2色をご用意しました。









黒は、前も後ろも2版づつ使った、リッチな仕様になってます。
白ばっか買いがちな人(僕もです)も、
黒、いかがですか。得ですよ(笑)。

Nebraska Tee
Color : White, Black
Size : M, L, XL, XXL
Price : 4500yen+tax

店頭では明日3/20(祝)から、
WEB STOREでは3/22(日)19:00から販売します。

まさかこんな形で、あのネブラスカ(呼び捨て)(大物芸能人方式)と、
コラボレーションできるとは、思いもよりませんでした。
自分用、何枚確保しようかな。一生着たいです!
みなさまもぜひ〜。